楽天で売れるページを作るために売れているショップがやっていること

楽天で売れるページとは何だろうとお悩みではありませんか。商品ページは商品の情報を掲載するのはもちろんですが、コンテンツとしての側面も持ち合わせています。

コンテンツ制作として考えた時、どうすればユーザーに興味を持ってもらえるのか、またはどうしたら商品の良さが伝わるのかと悩むこともあるでしょう。

今回は楽天で売れるページに関する考え方や、楽天で売れるページを作る方法など、コンテンツ制作に悩んだ時の解決策をご紹介します。

楽天で売れるページとは何か

楽天で売れるページとはユーザーへの訴求効果が高いページです。または購買意欲が沸いてくるページショップに対して安心や信頼を寄せてもらえるページとも言えるでしょう。

その他、レビューや評価があるページも売れるページと言えます。初回購入してもらえるようしっかりとページが作り込まれていたり、同じ商品を扱う他のショップとの差別化されたりするページも楽天で売れるページです。

言い換えれば、これらの要素を少しずつ組み込みながら、効果測定と改善を行えば必然的に「楽天で売れるページ」に育ちます。

楽天で売れるページを作る方法

次に楽天で売れるページを作る方法や考え方についてご紹介します。

商品紹介ページ=コンテンツととらえよう

まずは商品紹介ページをコンテンツとしてとらえることが大切です。間違っても商品を登録する作業をしているだけ、商品を登録しているだけで売れると考えるべきではありません。

楽天で商品を買おうとしているユーザーは、既に買いたい、または何か買おうという購買意欲が沸いている状態といえます。そのため、どのような訴求をすると購入につながるか考えてページをつくることが大切です。

コンテンツ制作に悩む時は「ユーザー目線」を重視

次にコンテンツ制作に悩む時はユーザー目線を重視しましょう。ユーザーが知りたいことは何か、必要な情報を網羅しているか、またはユーザーが見落としがちになる情報は記載されているかなどが挙げられます。

その他、可能であればしっかりとデメリットも記載すること、用途外の使い方に関する注意も記載しておくことで、ユーザーから安心や信頼を勝ち取ることが可能です。

もちろん、正しい用途や応用した使い方、楽しみ方なども記載しておくことも忘れてはいけません。ユーザーがどのように使おうと思っているか、楽しもうとしているかにもよりますが、可能性が増えれば増えるほど買いたい気持ちが高まると言えるでしょう。

ページへのアクセスなど効果測定する指標を定める

楽天の商品ページへのアクセス、または購入やリピートなどの数値を可視化し、効果測定する指標を定めることも忘れてはいけません。ページを作成したり、編集しなおしたりするだけでは効果測定ができないからです。

ただし、ページへのアクセスはいきなりアップするとも限らないので、こまめに編集や改善を行うよりも、一定の期間を区切って編集するのがおすすめです。

RMSの店舗カルテを定期的(目安:月に1回)に確認しましょう。

そして編集した後、あからさまに数字が落ちてしまった場合はすぐに元に戻すことなども忘れないようにしましょう。

売れているショップや売れ筋の商品ページをチェックしてみる

デザインや文章の作成するタイミングで「ネタ切れ」や「思い浮かばない」という時は売れているショップや売れ筋の商品ページをチェックしてみましょう。

ただ見るだけでは気付きが得られませんので、コンテンツマーケティングとしてどのような工夫をしているのかを意識することが大切です。

特に同じ商品やジャンルを取り扱うショップについてもチェックしておきましょう。なるべくショップとしての差別化ができているか、商品ページにおいても、ユーザーが見た時に「これは違うショップ」とすぐにわかる工夫も行うべきです。

ユーザーの購買意欲を沸かすこと、ユーザーに信頼や安心してもらうこと、同時に「このショップにしよう」と選んでもらうことをコンテンツ制作に盛り込みましょう。

評価やレビューもコンテンツの一部と考える

実はページをコンテンツとしてとらえて、しっかりとしたページを作っても、評価やレビューがゼロ、またはネガティブな評価ですとユーザーの購入意欲が消え去ってしまいます。

評価やレビューもコンテンツの一部として考えて、いわゆる「レビュー対策」をすべきということです。

楽天で売れるショップのほとんどはレビュー対策をしています。レビューが増えてくれば自然と購入してもらえるようになり、リピート率の向上も期待できるからです。

まとめ:売れるページ=コンテンツ+レビュー

今回は楽天で売れるページに関する考察や考え方、楽天で売れるページを作る方法など、コンテンツ制作に悩んだ時の解決策をご紹介しました。

商品ページをコンテンツとしてとらえた時、全体のデザインや文章、パッと見の印象、安心や信頼できるショップかどうかなど工夫すべき点はいくつもあります。

レビューや評価についても同様であり、レビュー対策はやってもやらなくても良いではなく、やるべき施策と考えましょう。

当社の提供する「らくらくーぽん」であれば、フォローメール(レビューのお願い)からクーポンの配布などレビュー対策に必要な煩雑な事務作業を軽減できる機能が備わっています。もし、レビュー対策をしたいとお考えであれば、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が楽天で売れるページを作る方法を知りたかった方、もしくはコンテンツ制作にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。