楽天で売れる商品、売れるショップの条件とは

楽天で売れる商品、または売れるショップになるためにはどうすれば良いのかお悩みではありませんか。

しっかりとした商品ページを作成し、誠実かつ親切な対応を心がけていてもユーザーに届いていないと感じることもあるでしょう。

今回はユーザーの視点で売れる商品になる条件や楽天で売れる商品についてご説明します。

楽天で売れる商品になる条件を見極める

まずは楽天で売れる商品になる条件について、今一度おさらいしておきましょう。

商品及びショップのレビューが多い

楽天で売れる商品を取り扱っているショップは商品自体のレビューだけでなく、ショップのレビューが多い場合があります。

すべてのユーザーとは断言できませんが、多くのユーザーはレビューの有無で購入を判断します。同じ商品、同じ価格ならレビューがある方が「実際に届いた人がいる」や「他のユーザーの率直な意見」があるので安心できるからです。

まずは「レビューの有無」が売上を左右するということを意識しましょう。

高評価レビューが多く、低評価レビューが少ない

楽天で売れる商品では単にレビューが多いだけでなく、商品やショップの評価が高い、または好意的なレビューがあるのも特徴的です。

もちろん、評価についてはあくまでも個人の意見ですから、一時的な感情で低評価にしてしまうユーザーも一定数いるため、全体の評価が低い、高い、は必ずしもアテにならないこともありますが、パッと見た時にあまりにも評価が低いと敬遠されるのも事実です。

これらのことから、楽天で売れる商品になるためには単にレビューを増やすだけでなく「レビューの質や評価」についても意識すべきということになります。

商品ページまでの導線や入り口が多彩

楽天で売れる商品は楽天内の露出に期待するだけでなく、その他の広告媒体、SNSやブログ、公式ページなど商品ページまでの導線や入り口が多彩であり、ユーザーとの接点を増やしている点にも留意すべきです。

例えば、楽天に出店しているのみのショップと各種SNSや広告媒体、公式ページなどの複数の導線を持つショップでは不特定多数のユーザーとの接点の数に明確な違いがでてきます。

楽天で売れる商品、売れるショップになるためにも有料の広告媒体の利用は難しくても、SNS、またはブログサービスなどを利用しながら、ユーザーとの接点を増やすことも意識することをおすすめします。

ユーザーの視点で考える

次に楽天のショップ運営側から見えない、見えにくいユーザーの視点に関する考え方についていくつかご説明します。

同じ商品ジャンルを扱う他のショップと差別化されてない

楽天には多数のショップがあり、同じような商品を取り扱うショップがあるのはごく当たり前のことです。問題なのは自社のショップと他のショップとの差別化がされておらず、ユーザーからは「どちらで買っても同じ」という認識どころか、区別さえ付いていないことがあります。

もちろん、楽天の商品ページなどのデザインはオリジナリティを出しにくい部分もありますが、自社イベントを行ったり、文章や商品画像など工夫できる点はたくさんあります。

まずは自社のショップや商品ページのブランディングを行い、他のショップとの差別化を目指すことをおすすめします。

レビューをお願いされても書くメリットがない

楽天で売れる商品を増やしたい、または売れるショップになりたいと考えている場合、レビューを増やすことを意識しているかと思います。しかし、単にレビューをお願いするだけではユーザー側は時間と労力の浪費にしか感じません。

レビューをお願いするタイミングでクーポンをプレゼントする仕組みを導入することで、ショップ側にもユーザー側にもメリットが生まれます。

当社の提供する「らくらくーぽん」であれば、自動でレビューをお願いするフォローメールの送信、レビューの書き込みに応じてクーポンの配布などの機能があり、煩雑かつ面倒になりがちなクーポンに関する事務処理を簡略化することが可能です。「クーポンを有効活用できていない」または「フォローメールやクーポンの仕組みをよくわかっていなかった」とお悩みであればぜひともこの機会にお問い合わせ、ご相談ください。

まとめ:このショップで買いたいと思わせる工夫をしよう!

今回は楽天で売れる商品になる条件や楽天で売れる商品についてユーザーの視点でご説明しました。

自分自身がユーザーとしてどのショップで買いたいと思うかと考えても、どうしてもショップ側としての気持ちや心情が抜けきれず、ユーザーひとりひとりの気持ちに寄り添うことが難しいということをまずは理解しましょう。

また、レビューのお願い=フォローメールの送信、クーポンの配布は、レビューの増加、リピート率の向上にも影響します。丁寧かつ誠実な対応を行うこと、同時に確実にクーポンを配って、リピート率と売上の増加を目指してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が楽天で売れる商品や売れるショップになる方法を知りたかった方のお役に立てれば幸いです。