【楽天】レビューが売上アップにつながる理由を解説!

 

レビューを今よりも増やしたいと思っている方は多いと思います。

弊社もレビュー対策ツールを提供しているので、そのようなご相談をいただくことも多く、実際にサービスを利用してレビューが増えたというお声をいただきます。

しかし、中にはレビューは増えたけど、それが売り上げにどうつながるのか分からないという店舗様や社内でうまく説明ができずに利用の承認を得られないという担当者様もいらっしゃいます。

そこで、今回はレビューが増えるとどういう影響があり、それが結果的にどのように売り上げにつながるのかをお伝えしたいと思います。

売上の公式

 

アクセス×転換率×客単価=売上

楽天内で行う施策は基本的に上記のいずれかを伸ばすために行います。

 

アクセスであれば広告ですし、転換率であれば値引きやポイント付与、単価アップはセット販売やまとめ買いが対策になります。

ここを意識しないまま対策を行ってしまうと、どの対策を行ったとしても狙いが不明確になり、その後の効果検証もできなくなります。

基本の部分ですが、何から対策していいか分からない場合は、自店舗の3つの指標を確認して優先順位をつけて対策を行いましょう。

レビューが増えるとどうなるの?

主にレビューが増えることで影響があるのは、アクセスと転換率の部分になります。

なぜレビューが増えると2つに良い影響があるのでしょうか。

レビューと転換率の関係

現在ではネットショッピングに限らず、お店を選んだり、旅行で宿泊先を選んだりするときも、多くの人が口コミや評価=レビューを参考にして選択します。

もはや、主役は売る側ではなく買う側になっています。いくら売る側が良い商品だということをアピールしても、悪いレビューが多ければその商品は売れません。

逆に良いレビューが多い商品は安心して買うことができるので転換率も高くなります。

レビューとアクセスの関係

レビューが増えて転換率が高くなると、売り上げが上がります。そうすると楽天では売れる商品、評価が高い商品が検索順位で上位に表示される傾向があるので、アクセスにも良い影響があります。

アクセスが増えて、転換率も高くなれば、当然その商品は売れます。

このような好循環をつくるためにも、レビューを増やすことが重要です。

なぜレビュー対策をする必要があるのか?

 

それでは、なぜレビュー対策をする必要があるのでしょうか?

答えはシンプルで、レビューは、なかなか増えないからです。

ジャンルによっても異なりますが、平均のレビュー投稿率は2%前後と言われています。

どうしたらレビューは増えるのか?

それは、購入者にレビューを書いてみようと思うようなきっかけを与えることです。

しかし、あくまでも楽天のガイドラインの範囲内で行う必要があります。

以下のような行為はガイドラインで禁止となっています。

  • 今回の注文を送料無料にすること
  • 今回の注文を値引きすること ※金額修正による値引きも不可
  • 今回の注文におまけを同梱すること
  • 特典付与のタイミングに関わらずキャッシュバックを行うこと
  • 特典付与のタイミングに関わらず、金券類(金券、商品券、ギフト券等)を供与すること

その中で現在レビューを増やす対策で有効とされているのは、「別送でのおまけの送付」または「次回注文時に利用できるクーポン」を付与することです。

しかし、どちらの対策も手間と時間がかかることが難点です。

「レビューを書いたらクーポンプレゼント」を自動化します。

レビューを書いて「別送でのおまけの送付」は、発送する必要があるので全自動にはできないのですが、

レビューを書いて「次回注文時に利用できるクーポンプレゼント」に関しては全自動で行えます。

無料モニターも行っていますので、お気軽にご利用ください。

まとめ

今回はレビューが増えることが、売り上げにどのようにつながるかを説明させていただきました。 しかし、いくらレビュー対策をおこなっても良い商品でない限り、結局は売れません。

むしろ悪い商品であれば、悪い評価が増えさらに売れなくなることもあります。そういった場合は、一度、商品を見直してみましょう。

ネガティブなレビューさえも店舗運営を改善していくきっかけにできれば結果的にプラスになります。

最後に

レビュー対策は1日で成果がでるものではありません。 しかしこれから楽天で売り上げを伸ばしていきたいショップにとっては、レビュー対策は必須です。未来に向けて今からできることをはじめてみましょう!