楽天の食品ジャンルで売上を伸ばすにはレビューが重要!

楽天で食品系のショップを運営していて、売上の伸ばし方がわからずにお悩みではありませんか。

もちろん、売上の伸ばし方はいくつもあり、どれが的確に効果があるのかわからないこともあります。だからこそ売上に影響する売上の伸ばし方を知りたいですよね。

今回は楽天の食品系のショップで実践すべき売上の伸ばし方についてご説明します。

楽天の食品系のショップの課題

はじめに楽天の食品系ショップの課題を今一度把握しておきましょう。

レビューを書くユーザーと書かないユーザーに分かれる

食品系ショップでは味覚、すなわち美味しいという点において主観や好みがあるため、人によってはレビューを書きにくいという難点があります。

もちろん、気にせずレビューを書いてくれるユーザーも一定数存在しますが、正直なことを言えばもっと気軽に多くのユーザーにレビューを書いてもらいたいというのがショップの気持ちです。

他のジャンルに比べてレビューの影響が大きい

食品系のショップは「美味しい」か「美味しくないか」が購入基準になるためレビューが売り上げに与える影響が大きいです。

よほど悪質なユーザーでない限りは「まずい」とは記述しないにせよ、逆に何もレビューがなければ美味しいのかどうか分からず、その時点で離脱されてしまいます。

楽天では食品のショップが多いので、ユーザーはひとつのショップにこだわらず、レビューが多いショップに行ってしまい、レビューがない・少ないだけで機会損失となる可能性は否めません。

レビューが増えないと新規顧客が増えない

初回購入につながったとしても、他の人がレビューを書いてないし、自分の主観や好みでレビューを書くのはちょっと難しいと考える方もいらっしゃるでしょう。

簡単に言えば、美味しくてもレビューを書く動機が弱いということです。すると、レビューが増えない、ユーザーの判断材料が少ない、新規顧客が増えないという悪循環に陥ってしまいます。

楽天の食品系のショップの課題解決にもつながる売上の伸ばし方

次に楽天の食品系のショップの課題解決にもつながる売上の伸ばし方をご説明します。

レビューを増やす施策を行う

まずはレビューを書いてもらうことを重視し、レビューを増やすことができれば、他のユーザーがレビューを参考に初回購入してもらいやすくなります。

レビューを増やすためには、購入者全員に商品が到着するタイミングで、レビューのお願いのメールを送ることが効果的です。

レビューの増加に関する対策を行っていないのであれば、当社の提供する「らくらくーぽん」を利用し、レビューを増やすことから始めてみることをおすすめします。

リピーターを増やす施策を行う

リピーターを増やすためには、クーポンの活用がおすすめです。

購入時にクーポンを配布し、リピーター獲得を狙う食品系ショップは多いと思います。

この時、購入者にただクーポンを配布するのではなく、レビュー書いてくれた方限定でクーポンを配布するキャンペーンを行うことで、レビュ一の獲得と次回購入の動機を増やすことができます。

初回購入⇒レビューのお願いメール⇒レビュー投稿⇒クーポン配布⇒リピートの流れができると、売上アップにつながります。

施策を行う前に環境を整えましょう

レビューが増えることで、初回購入者が増え、次回のリピート購入につながれば、確かに売上アップにつながりますが、施策を行う環境が整っていないままでは現場は混乱してしまいます。

レビューを書いたのにクーポンをもらえない、またはクーポンを使おうと思ってたけど有効期限が切れてしまった、などなどの新たな問題を起こしてしまうと元も子もありません。

そうならないためにも、当社の提供する「らくらくーぽん」のようなツールを利用し、商品の購入からレビューのお願い、クーポンの配布の一連の流れを自動化することをおすすめします。

まとめ:食品系ショップはレビュー対策が必須!

今回ご説明した中の需要なポイントとして、レビューを促すのを自動化すること、コツコツとレビューを増やすためにも丁寧かつ親切な対応を心がけることです。

同時に実店舗のように対面でなく、顔が見えないオンラインショップだからこそ、実店舗と同じような形で気持ちが伝わる工夫を盛り込むことを忘れないようにしましょう。

もし、当社の提供する「らくらくーぽん」を使ってみたい、または詳しい説明を聞いてみたい場合は、この機会にぜひともお問い合わせ、ご相談ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が楽天で食品系ショップを運営されている方のお役に立てれば幸いです。